PyontaX

主にPC・アプリ、本やアニメとかとか

【最新】オススメ内蔵HDD(ハードディスク)の選び方

スポンサーリンク

今回、メーカーのHDDではなく、内臓ハードディスクを初めて買ってみたので選び方やオススメのものをまとめてみました。

まあまあ詳しく書きました。

 

初めて買うという人でも選び方がわかるように書いたつもりです。

参考にしてもらえたらと思います。

 

 

内臓HDDとは?

 

簡単に言えば市販のHDDの中身です。

別に市販のメーカーものとあまり変わらないが、自作PCではケースに突っ込みます。

外付けとして使う場合もケースは必要です。

内臓HDD+ケースの方がほんの少し経済的。(製品にもよりますが)

 

選び方は、サイズと容量を見ておけば大丈夫でしょう。

 

サイズ

 

ハードディスクの大きさで、2.5インチと3.5インチがある。

デスクトップの内蔵HDDなら3.5インチ

ノートパソコンの内蔵HDDなら2.5インチ

外付けならどちらでもいい。

 

※ノートパソコンの場合は注意

ノートパソコンは持ち運び用に設計されていて、しかもHDDは振動に弱いのでぴったり固定してある場合があり、交換できるサイズ(幅、長さ、高さ)が確認しておく。

 

また、2.5インチ用は7mmと9.5mmがある。

9.5mmの内蔵HDDが搭載可能なら7mmの内蔵HDDを9.5mmにスペーサーで対応できるが、薄いノートパソコンだと9.5mmは対応していない場合があるので、こちらは7mmしか搭載不可。

 

容量

 

主に500GB〜10TBくらい

 

基本的には自分の欲しい容量または少し上くらいがオススメ

そもそもHDDには寿命があるので、無駄に大容量にするのはおすすめしない。データが消えたときの代償も高く付く。

そもそも容量が大きいと値段も高くなる。

 

1GBまたは1TBあたりの価格で安いものを買ってもよい。

 

インターフェース

 

Serial ATA 6.0 Gbpsでいいと思います。

これ規格名なんですけど、実際はSATA 6Gb/sって書いてあるやつです。

Gbpsはデータ転送速度なので、マザーボード側がSATA 3Gb/sでもSATA 6Gb/sの内蔵HDDは使えるが、データ転送速度は3Gb/sとなる。

 

キャッシュ容量

 

主に2MB〜64MB

HDDに搭載されているメモリの容量

値が高いほど処理速度が速い。

64MBが多いのでこれでいいかと。

 

ディスクの回転数

 

HDDはディスクに書き込みをするので、回転数が多いほど速く書き込みが可能。

 

デスクトップなら7200rpm

ノートパソコンなら5400rpm

 

正直どっちでもいいのですが、

7200rpmより5400rpmの方が消費電力が少なくて静かです。

なのでノートパソコンは5400rpmにした方が電池に優しい

 

その他

以下の2つは気にしなくていいし、多分書いてないと思います。

 

NCQ対応

HDDに記録されたデータはディスク内では分散されているが、それを効率良く読み取り、データの読み込み速度を速くする

効率が良いので回転数を下げるので寿命が長い

 

シークタイム

HDDは磁気ヘッドによってディスクに書き込みされるのですが、その移動時間。

 

 

主なメーカー

 

WESTERNDIGITAL

通称 WDで、一般的で安定しているメーカー。

色々種類があります。ということで、色で別れています。

Green

低温・静音で大容量あり。

 

Blue

一般的なもので、個人使用ならコレで十分。

 

Red

NAS用。ビジネス向け。

 

Purple

監視セキュリティ用。24時間稼働できる。

 

Black

ゲームプレイ用。

 

Seagate 

10TBまであり。

エラー率が少し高め。あと、変な音がするなどそこまで評判は高くない。

 

日立

性能やエラー率、寿命はWDを凌ぐが、値段が高い。

財布に余裕があるならコレがいい。

 

東芝

比較的安いが、評判はそこまで。

 

MARSHAL

こちらは東芝やWESTERNDIGITALのリテール品。

中身のドライブが豊富。

 

個人的なオススメ

HDD自体安くなってきていて、3TBでも7千円台とかなので、個人で使う範囲ではWESTERNDIGITALのBlue 3TBが一番おすすめです。

HDDは消耗品なので、寿命があるので容量的にも、経済的にもこのくらいがちょうどいいです。

よくわからない人はコレでいいと思います。

 

最後に

見るべき基本的なポイントは分かったと思います。

商品説明や評価は必ずしも正しいとは限らないです。実際買ってみないと分からないこともあります。

でも、取り敢えず良さそうなもの、評価が悪くないものを買うのが妥当です。

 

次回は、僕が買ったもののレビューをしたいと思います。