PyontaX

ぴょん。大学生ブロガーです。更新頻度は不定期ですが、Twitterは毎日浮上する予定です。

WskyのLEDデスクライトはクリップ付きでコードレス‼︎

スポンサーリンク

f:id:PyontaX:20180527133010j:plain

デスクスタンドのクリップライトを買ったのでレビューしていきます!僕はベッドのライトとして購入しましたが、普通のデスクのライトとして使うこともできます。(本来はデスク用です)

デスクライトはいくつかありますがこれはかなり当たりでした。

 

Wsky LEDデスクスタンド クリップライトの概要

f:id:PyontaX:20180527133051j:plain

✔クリップライト

机にクリップに挟んで使うこともできる。もちろん自立式のスタンドとしても利用可能。滑り止めが付いているので、しっかりデスクに固定ができる。

 

✔3段階に調光

弱、中、強のモードがあって用途別に明るさを調整できる。

✔省エネモード

LEDライトビーズが使われていて、寿命は50000時間。

✔タッチスイッチ

タッチセンサーが付いて軽くタッチするだけで点灯する。

✔フレキシブルホース

曲げることができるので自由に角度や向きを調整できます。

✔USB充電式給電

付属のUSBの充電コードで充電します。充電しながら使用することもできる。

✔メーカー保証は1年

 故障しても心配不要。

 

開封

それでは開けていきます‼

f:id:PyontaX:20180527133122j:plain

箱は思っていたより小さい。

 

f:id:PyontaX:20180527133145j:plain

中身は、クリップライト本体、取扱説明、USB充電コード。

 

f:id:PyontaX:20180528052849j:plain

クリップライト本体はこんなんです。

 

f:id:PyontaX:20180528052908j:plain

スイッチを入れるには、「Wsky」と書いてある上の四角のマーク付近をタップするだけ。ここで明るさを変えることができます。明るさは3段階で調整できます。

 

f:id:PyontaX:20180528052946j:plain

裏は滑り止めがあるので倒れる心配はありません。

 

f:id:PyontaX:20180528053015j:plain

電気を付けるとこんな感じです。LEDなので色は綺麗です。さすがに勉強机などの大きなデスクライトに比べると明るさは劣る。範囲がせまい。

 

f:id:PyontaX:20180528053058j:plain

クリップで挟んで使うこともできるので、机の上のスペースはほとんど取らない。

 

f:id:PyontaX:20180528053135j:plain

曲げることもできるので自分好みに調整はできますが、あまりにバランスが悪いと倒れてしまいます。けど、普通はそのまままっすぐ使うと思うけど。

 

f:id:PyontaX:20180528053210j:plain

充電がなくなればUSBで充電します。充電しながらも使えるみたいですが、すぐになくなるわけではないので、なくなったときに充電しようと思います。

 

f:id:PyontaX:20180528053230j:plain

僕はベッドに置きました!かなり明るそうに見えてますね 笑笑

携帯いじったり、本を読む程度ならちょうど良いライトです。スマホからブログを書くときも使用しています。

 

まとめ

こういうライトってなんかしょぼそうな感じがしますが、意外と役立ちました。メインのデスクライトとして使うのは厳しそうですが、補助として使う分には良いと思います。

部屋のライトでは少し明るさが足りなく感じてたり、ローテーブルで勉強している人にはおすすめです。特にローテーブルだと机にライトが付いてないので、影ができてしまって暗く感じます。なので、クリップ付きで持ち運びできるこのライトは最適。

アウトドアやキャンプなどの外出するときに持っていくのもありです。僕みたいにベッドに置くのも良いと思います。枕元に1つライトがあると便利です。