PyontaX

ぴょん。大学生ブロガーです。更新頻度は不定期ですが、Twitterは毎日浮上する予定です。

Feedlyの登録を日本語で解説!RSSリーダーで更新チェック

スポンサーリンク

f:id:PyontaX:20180301171132p:plain

RSSリーダーとして有名な「Feedly(フィードリー)」ですが、僕も使ってみようかなと思って登録してみました。Feedlyのサイトは英語なのでやっぱりやめようかな~って人もいるんじゃないかな?

でも、使わないのはもったいない!

オンラインサービス好きの僕にとっては重宝しています。

Feedlyとは

まずは、簡単にFeedlyについての紹介をしたいと思います。

Feedlyとは一般的にRSSリーダーといわれるもので、登録したサイトやブログが更新されるとそこから記事が読めるというサービスです。わざわざ検索したり、ブックマークからサイトを探す必要がありません。

基本的には無料で利用できるようになっています。

 

また、Feedlyは連携先が豊富です。SNSでのシェアはもちろん、Feedlyでお気に入りにするとEvernoteの方でノート作成を自動でする設定なども可能です。

オンラインなので複数台の端末からアクセスすることができます。アプリやブラウザから気軽に記事を読んだり、設定ができるのは良いところ。

 

Feedlyの登録方法

まずは、Feedlyの登録からです。

Feedlyのアカウント作成

早速、アカウントを作成します。ログインしたことがある人は、このステップは飛ばしてください。

 

①こちらのサイトにアクセスします

https://feedly.com/

Feedlyの公式サイトに飛びます。

不安な方はGoogleなどで「Feedly」と検索すると一番上にでてくると思うのでクリックしてください。

f:id:PyontaX:20180228143309p:plain

 

②クリックすると英語で「Welcome to Feedly」という画面がでてくるので、緑色の「GET STARTED FOR FREE」をクリック

f:id:PyontaX:20180228143133p:plain

 

③新しくアカウントを作成するので「Continue with feedly」をクリック

f:id:PyontaX:20180228171418p:plain

Googleアカウントを持っていたり、Facebookのアカウントと連携させたい場合はそちらの方がいいです。あまりアカウントやパスワードを増やしたくない方はGoogleかFacebookのアカウントを使ってください。

 

④新しくFeedlyのアカウントを作る人は、名前・メールアドレス・パスワードを入力して「CREATE MY ACCOUNT」をクリック

f:id:PyontaX:20180228171837p:plain

すると、マイページが表示されるので早速サイトを登録していきましょう。

 

Feedlyにサイトを登録する

アカウントを作成、またはログインするとこんな画面になります。では、1つ目のブログまたはサイトを登録していきます。

 

①「ADD CONTENT」をクリック

f:id:PyontaX:20180228173332p:plain

 

②検索窓に登録したいブログやサイトのURL、サイト名を入力して検索

f:id:PyontaX:20180228193721p:plain

別にトップのURLでなくても、個別記事のURLでも大丈夫です。

例としてこのブログのURLを登録します。

 

③検索結果にあるサイトの「FOLLOW」ボタンをクリック

f:id:PyontaX:20180228194538p:plain

 検索結果は2つでてきていますが、どちらでも構わないです。というか、表示が同じなので選びようがありません。

 

④「+ NEW FEED」をクリック

f:id:PyontaX:20180228194826p:plain

 

⑤Feed nameを付ける

f:id:PyontaX:20180228195354p:plain

Feed nameはカテゴリー名みたいなものなので、自分が管理しやすいようにしておきましょう。ここでは、「マイブログ」としています。

 

⑥Feed nameが決まったら、「CREATE」をクリック

f:id:PyontaX:20180228195744p:plain

 

⑦登録が完了すると「FOLLOW」ボタンが「FOLLOING」となって、左側のFEEDに追加されています。

f:id:PyontaX:20180228200255p:plain

これで、Feedlyの登録が完了‼

横の数字は未読記事の数です、読み終わると数字が減っていきます。

まだ登録サイトは一つだけですが、これからどんどん増やしていきましょう。

 

Feedlyで記事を読む

実際に登録したブログ・サイトを見てみましょう

先程設定したFeed nameをクリック→記事をクリック

f:id:PyontaX:20180228201737p:plain

 

記事の見え方はこんな感じでCSSなどのデザインがカットされているのが残念ですが、読むだけなら全然問題ないです。

f:id:PyontaX:20180228201750p:plain

 

記事を全部読むと表示がなくります。

f:id:PyontaX:20180228203515p:plain

 

全て読み終わると、「SEE ALL ARTICLES」をクリックすると全ての記事をみることもできます。

f:id:PyontaX:20180228203757p:plain

 

主な機能

英語なので分かりにくいと思うので、主な機能や設定方法を書いておきます。

サイドバー

f:id:PyontaX:20180228202802p:plain

Today

本日のまだ読んでいない記事が表示されます。

Read later

後で読むリストにいれた記事が表示されます。

FEEDS

Feedに追加したブログ・サイト名がFeed nameごとに表示されます。

設定の歯車マークをクリックすると、登録したブログやサイトの検索ができます。たくさんのサイトを登録している場合はかなり便利です。サイト名を入力すれば一発ですから。

f:id:PyontaX:20180228203918p:plain

また、登録サイトの削除もここからできます。

BOARDS

お気に入りにした記事が表示されます。

Recentry Read

最近読んだ記事が表示されます。

+ADD CONTENT

ここから新しくブログやサイトを追加できます。

 

FEEDS

ただ記事が読めるだけでなく、お気に入りやシェアなど便利な機能もあります

 

f:id:PyontaX:20180301164056p:plain

Mark as Read

全ての記事を既読にします。

Refresh

表示の更新。新着があるかの確認はされないようです。

change layout

標準では縦並びですが、レイアウトを自分好みに変更することができます。

More ptions

人気順、最近の人気順、新しい順、古い順に並び替えることが可能。

そして、「Unread only」のチェックを外すと読んだ記事を含めすべての記事が表示されます。

f:id:PyontaX:20180301162650p:plain

他にも、カテゴリの変更などもできます。

 

記事内

f:id:PyontaX:20180228205535p:plain

記事上部にツールがあります。

左から、

後で読む、お気に入り、Evernoteでノート作成、リンクのコピー、Bufferでシェア、メールでシェア、Hootsuiteでシェア、LinkedInでシェア、Twitterでシェア、WordPressでシェア、その他

その他には、Facebook,OneNote,Pocketなどがあります。

 

まとめ

Feedlyは気になるブログやサイトが更新されると、すぐに知らせてくれるので使いこなしたいところです。英語だからと諦めていた人もこれで最新情報を欠かさずにチェックできます。

僕はブログの参考にしたり、勉強に利用しているサイトもあるのでFeedlyは欠かせないツールとなっています。スマホのアプリもあるので最高です!

使いこなせれば超便利ですのでこれからも活用したいと思います。

サイトをぶっこんでいくだけですが(笑)