PyontaX

主にPC・アプリ、本やアニメとかとか

Feedlyアプリを日本語で設定!スマホからブログの更新をチェック

スポンサーリンク

f:id:PyontaX:20180306152633j:plain

前回はFeedly(フィードリー)のPCでの登録方法と使い方の記事を書きました。

でもですね、Feedlyってスマホのアプリであるのでそっちをメインで利用すると思うんですね。

スマホからならネットにつながっていればいつでも、どこでも簡単に見れるわけですし。使い慣れているのでスマホの方が見やすいという人も多いと思います。

 

実際、パソコンでFeedlyを利用している人はブロガーやパソコンで作業する人ぐらいだと思います。なので、今回はスマホアプリで登録して使っていきたいと思います。

iPhone/Androidの両方に対応しています。

Feedlyとは

Feedlyについて簡単に説明しておきます。

一言で言えばRSSリーダーです。RSSリーダーとは追加したブログやサイトが更新すると通知してくれて、アプリ内から直接記事が読めるサービスです。

お気に入りのブログがある人やブラウザで大量のブックマークがある人には便利なアプリです。ネット好きの僕も最近からですが、お世話になっております。

 

Feedlyをアプリから登録

では、Feedlyの登録を始めていきます。例ではAndroidの方から登録していますがiPhoneでも同じです。

 

①アプリをインストール

まずはこちらからアプリをダウンロードしてください。

Feedly - Smart News Reader
Feedly - Smart News Reader
開発元:DevHD
無料
posted with アプリーチ

インストールをタップ

f:id:PyontaX:20180306145652j:plain

 

②アプリを起動して、スワイプする

f:id:PyontaX:20180306153241j:plain

 

③「CREATE YOUR FEEDLY」をタップ

f:id:PyontaX:20180306153247j:plain

 

④新しくFeedlyのアカウントを作るので、「Login with Feedly」をタップ

f:id:PyontaX:20180306153258j:plain

GoogleやFacebookなどのアカウントを持っている人はそっちからログインしても構わないです。僕は連携させたくなかったのでFeedlyのアカウントを新しく作りました。

 

⑤Feedlyのアカウントを作る場合は、名前・メールアドレス・パスワードを入力して「CREATE MY ACOUNT」をタップ

f:id:PyontaX:20180306153325j:plain

アカウント作成が完了すると、英語の確認メールが送られてきます。

 

Feedlyにサイトを登録する

次は、Feedlyで読むためにサイトを登録していきます。

 

①右上の検索バーをタップ

f:id:PyontaX:20180306160413j:plain

 

②検索窓に登録したいサイト名かサイトのURLを入力

f:id:PyontaX:20180306160425j:plain

別にサイトトップページのURLじゃなくて、個別記事のURLでも大丈夫です。

ここでは、このブログを登録してみます。

 

検索するとサイトが候補に挙がってくるのでタップ

f:id:PyontaX:20180306161206j:plain

いくつか候補が出てくる場合はどちらでもいいです。

 

③すると、最新記事がでてくるので、右上の「+」をタップ

f:id:PyontaX:20180306162543j:plain

 

④カテゴリーを作るので「Create new collection」をタップ

f:id:PyontaX:20180306162553j:plain

 

⑤カテゴリー名を入力して「Create」をタップ

f:id:PyontaX:20180306162617j:plain

カテゴリー名は自分が分かりやすいのにしておくといいでしょう。

 

すると、Personal Feedsというところにサイトが追加されています。

f:id:PyontaX:20180306162625j:plain

ブログ名をタップするとそのブログの記事を読むことができます。横の数字は未読記事の数です。

引き続き、別のサイトを登録する場合は「ADD CONTENT」から同じように登録できます。

 

Feedlyの使い方

記事はFeedly内で普通に読むことができますが、設定や機能とかは英語で分かりにくいかもしれないので解説しておきます。

 

記事画面

記事上では、簡単にリーディングリストに追加やシェアができます。

f:id:PyontaX:20180306185207j:plain

記事画面では上部バーがあり、左から

後で読む、リーディングリスト、Twitterでシェア、その他

※星マークはお気に入りっぽいですが、お気に入りは他にあるので僕はリーディングリストと呼んでいます。

 

リーディングリストに追加するときは、「星マーク」→「Create Board」→リスト名入力→「Create」で追加可能

f:id:PyontaX:20180306195914j:plain

 

僕はお気に入りと名付けましたが(笑)

f:id:PyontaX:20180306200401j:plain

カテゴリーとかタグとかでも全然いいと思います。

 

その他は、他サービスとの共有です。

f:id:PyontaX:20180306184953j:plain

 

サイドバー

主に未読記事、最新記事を素早く確認することができるので便利です。

個人的には、お気に入り・後で読む・リーディングリストがあるのがかなり嬉しい。

f:id:PyontaX:20180307003647j:plain

Today

本日の未読記事の表示

Favorites

お気に入りに追加した記事を表示

Read Later

後で読むに追加した記事を表示

Explore

おすすめの記事が表示されるが、英語の記事のみ

Personal Feeds

追加したサイトをカテゴリー別に表示

Personal Boards

リストに追加した記事を表示

ADD CONTENT

サイトを追加できる

Recentry Read

最近読んだ記事を表示

Edit Content

ここから登録サイトを削除することができる

Switch Theme

テーマを黒メインにする

f:id:PyontaX:20180306220926j:plain

見てわかると思いますが、見にくいのでそのままでいいと思います。

Connections

Evernote、OneNoteと連携する

Setting

ここから記事表示の設定が可能

Logout

ログアウトする

 

その他

 記事の個別ページではなく、サイトのページでは表示の設定が可能です。

 

上部のバーの三つの点のアイコンはタップします

f:id:PyontaX:20180306223907j:plain

上の4つからレイアウトが選択できます。

他は、

Refresh

リロードをする

Promote to Favorite

お気に入りに追加する

Mark as read

記事を既読にする

Oldest Stories First

古い記事からに並び替える

Show Updates Only

更新された記事のみ表示

Open Webpage Directly

ブラウザと同じように表示する

これは絶対に設定しておくべきです。これはどういうことかというと、

f:id:PyontaX:20180307004423j:plain

左が設定前、右が設定後の見た目です。右の方が断然見やすいのでこっちにしておきましょう。左(デフォルト)では、CSSやHTMLといったものは読み込まないようです。

ただ、リーディングリストには追加しにくくなっているのでそこだけは注意が必要です。

Unfollow

登録を解除する

 

まとめ

Feedlyは特にスマホアプリの方で絶大な威力をはっきするのでインストールしていて損はないです‼

後で読む、お気に入り、リーディングリストのような機能がついているRSSリーダーは他にはないと思います。しかも、オンラインサービスなので色んな端末からログインできるのも良い。

なんといっても、これ1つのアプリでブログやサイトの更新がチェックできるのはいいですよねぇ~