PyontaX

ぴょん。大学生ブロガーです。更新頻度は不定期ですが、Twitterは毎日浮上する予定です。

Google AdSenseの審査に一発合格‼ 審査に通るコツはコレです。

スポンサーリンク

https://ci5.googleusercontent.com/proxy/93OzH80HJEK1h2wh6qDKe0Jw2R-Ni7fcMk3PRMdjag8w3hGz8P9ky6Wd7knNvUFC9X_uUMQaOIs7JA3l01eUxrprjvwXLWmr=s0-d-e1-ft#http://services.google.com/fh/files/emails/vp1.gif

 

はてなブログProにしたその日に、即行申し込んだGoogleAdSenseが審査に通過しました‼

 

GoogleAdSense(グーグルアドセンス)の審査は厳しいと聞いていたが、一発でポップコーンメールが届いたので嬉しい。

Amazonアソシエイトは2回落ちましたからね。

 

そこで、ネットでも色々と言われてきている審査のポイントやコツについて伝えていきます。

「審査時のブログの状態→審査の流れ→審査のポイント」の順で書いていきます。

 

審査時のブログの状態

記事数:40記事
文字数:1000~3000文字あたり
ブログ日数:260日
PV/日:かなり少ない(非公開ですm(__)m)

 

気になるのはこの4つかな

ブログ日数にしては記事数は少ない…

記事の質に関しては、よく分からないので気になるようなら適当に僕のブログの記事をご覧下さい。

まぁ、PVが少ないので良くはないんでしょうけど

 

各項目が審査に影響するかどうかは、後述してあります。

 

審査の流れ

 

1.Google AdSenseに申し込み

 

こちらは、指示に従って入力していくだけです。

審査対象となるのは独自ドメインのみとなっているので注意して下さい。

(一度独自ドメインで審査に通ってしまえば無料ブログでも広告を配信することができます)

 

2.コードを貼り付け

①下のコードをコピーしてください。
②http://~(自分のブログ)のHTMLで<head>タグを探し、その直後に貼り付けます。
③完了したら、チェックボックスをオンにして[完了]をクリックしてください。

 

となっていますが、ここがイマイチよく分からない人もいると思います。

まず、コードをコピーしておきます。

そして、自分のブログまたはサイトを立ち上げます。

 

WordPressの場合

外観→テーマの編集→テーマヘッダーと進みます。

その中の<head>タグの直後に先程のコードを貼りつけます。

 

はてなブログの場合

 設定→詳細設定→検索エンジン最適化→headに要素を追加

 

ココの一番上に貼り付けます。

f:id:PyontaX:20171201183101p:plain

 

コードを貼りつけたあとは、忘れずにチェックボックスをオンにしましょう

このコードですが、審査が終わったら削除しても構わないです。

 

他のブログの場合も同様に<head>タグの直後に貼り付ければいいだけです。

 

3.審査結果のメールがくるまで待機

チェックボックスをオンにするとこんな画面になります

f:id:PyontaX:20171201184008p:plain

(Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標であり、同社の許可を得て使用しています) 

 

ここまできたらあとはひたすら待つだけです。

 

「審査には通常3日程度かかりますが、場合によってはそれ以上かかることもあります。」

とありますが、僕の場合は13日かかりました。

ん?僕のブログはそんなに審査のしがいがありましたかね(笑)

素晴らしい記事ばかりでしょ?  違います

 

3日というのはあまり期待しない方が良さそうです。

 

4.審査結果のメール

 まだかまだかと待っていると…

 

f:id:PyontaX:20171201204714p:plain

(Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標であり、同社の許可を得て使用しています) 

 

キタ――(゚∀゚)――!!

 

例のポップコーンメール!これは、「審査を通過したよ」というメールです。

ありがとうございます‼

やっとのことで広告を配信できます

 

↓PCの方でも確認することができます

f:id:PyontaX:20171201205936p:plain

  (Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標であり、同社の許可を得て使用しています)

 

ここから自分のブログやサイトに広告を設置することができます。

 

ちなみに、不合格の場合はこんなメールです

f:id:PyontaX:20171202125212p:plain

  (Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標であり、同社の許可を得て使用しています)

 

審査のポイント

実際に審査を通過してみて、自分が思う審査基準などを書いていきます。

まず、前提は審査を受ける側は明確な審査基準が分からないということです。

なので、重要なのはやってはいけないことをしないこと‼

 

記事数や画像が…というのはその後です

(ないよりはあった方がいいもの、あるよりはない方がいいものが多いが…)

 

また、「良質なコンテンツ」を審査ポイントに挙げている人もいますが、あまりシビアにならなくて大丈夫です。

 

あくまでも個人的な意見ですので参考程度にお願いします。(あまり間違ってはいないと思いますが…)

 

以後、つらつらと書いていますが、

・AdSenseコンテンツポリシー

・文字数

・記事数

気にするのはこの3つだけでいいです。

 

 

審査に関係がありそうな項目

AdSenseコンテンツポリシー以外は絶対に必要かどうかは微妙ですが、審査ポイントとしては高い気がします。

 

AdSenseコンテンツポリシー違反

→コレに関しては、やっていたらアウト

 

審査ポイントとしては1番重要でしょう。やってはいけないことだからです。

さすがに禁止項目に当てはまる記事や文章があると弾かれると思います。

 

禁止コンテンツに関してはきちんと見ておきましょう。

意外と該当する場合があります

僕的には、エアーガンとかは意外でした。

 

ダメなものはダメなので、そういう記事は非公開にするか削除しましょう。

 

記事数

→少しは関係ありそうですが、特に何記事以上とかはない。1、2記事とかでなければ。

 

WEBサイトとかだと数ページとかで完結して、そんなにページ数はない場合がありますから。

ブログの場合は、30記事もあれば十分ですよ。

逆に、30記事もあって落ちた場合は他に致命的なところがあるということです。

(AdSenseコンテンツポリシー違反とか)

正直、10記事でも通るブログは通りますからね。

ブログに終わりは無い‼ので記事が完結していればいいでしょう。

 

文字数

→気にした方がいいです。(今後のためにも)

 

一般的に、「良質なコンテンツ」=「文字数が多い」は成り立つ

短文でも、それなりにまとまっていてしっかりとした記事になっているものもあるので一概には言えないのですが、文字数は多いに越したことはありません。

目安としては、800~1000文字以上はあった方が良いかと思います。

1000文字って意外と少ないですよ。

 

ブログ日数

→少し有利かな

 

これは、気にしても時が経過するのを待つだけなので対策のしようがありません。

 

審査に関係なさそうなこと

僕はどうでもいいと思ってますが、コレはあった方がいいと思うのであれば、コンテンツを入れる分には問題ないと思います。

しかし、抜く分に関しては取りあえず残しておくことをおすすめします(明らかAdSenseポリシー違反な画像とか以外なら)

 

PV

→これは絶対に関係ないです。

 

理由は僕のこのブログのPVがほとんどないから。

しかも、申請時は独自ドメインに移行させた直後だったのでさらにPVは落ちてます。

さらに、審査通過メールがきたときもインデックスされてない記事があったと思う。

 

審査中の記事更新

→あまり関係ないと思います。

 

僕は審査中は2記事しか投稿していません

怠け者でございます

 

画像、動画

→基本的に入れてOK

 

逆にない方が少ない気がするのですが…

ただ、AdSenseコンテンツポリシー違反となる動画には気をつけてください。

例えば、格闘シーンや残酷なシーンが含むものです。これも、どこからどこまでがセーフなのかが微妙ですが…

 

それともう一つ、著作権です。これで、落ちるのはGoogle関連の画像くらいだと思います。

↓一応こちらにGoogleブランドの使用許諾について書かれています

 

著作権違反となるのは、著作権所有者からの申告でのみ成立するので、著作権所有者が許せばセーフとなるのでGoogleが著作権を持っているもの以外では引っかからないと思います。

 

内部リンクと外部リンク

→あってもいいと言うよりかは、あった方がいい。

 

論文でも持論の補強にデータや実験結果、他人の論文を持ち出すのは当たり前ですから。(引用も同様)

 

他の広告、アフィリエイトリンクの設置

→ガッツリしてました。

 

これは、絶対にセーフ。広告やアフィリエイトもコンテンツの一部ですから。

しかも、リンク外すのがめんどくさすぎ←本音

 

 

プライバシーポリシーの設置

→してません

 

正確にはプライバシーポリシーのページ自体はあるのですが、他のアフィリエイトなどの記載のみでした。

そもそもGoogleAdSenseの広告はまだ配信(掲載)していないのに「配信(掲載)しています」というのもおかしい。(と思うのは僕だけかな?)

 

お問い合わせフォームの設置

→してません

 

別にいらないかな。用があるならGoogle AdSenseに申し込みをしたときのメールにするでしょ。

 

プロフィールの設置

→してませんというか、逆に消しました

 

 なかなかいいプロフィール画像がなかったので…

 

サイトマップの設置

→してません

 

「サイトマップ」という言葉自体知りませんでした。今回、記事を書いていて気になったので調べました。

 

グローバルメニューの設置

→PC版はしてたが、スマホ版していない

 

どちらでもよさそうです。

 

SNSシェアボタンの設置

→していました

 

はてなブログの場合は標準でついていますしね。

ここまで悩んでれば、完全にさまよってます

 

 

デザインを変えない

→審査中にいじくりまくりました

 

ちょうどはてなブログProにしたところだったのでスマホ版のカスタマイズをしていました。

 

 

フリーメールで申請

→フリーメールで申請しました

 

なんでもいいです。

 

結論

①AdSenseコンテンツポリシーに違反がないか
②文字数
③記事数

まずは、AdSenseコンテンツポリシー違反がないか

文字数を増やす

記事数を増やす

 

これでいきましょ‼

この3つが揃っていて落ちるはずがない‼

 

これが1番いい気がします。ストレスなくやれますし。

細かいことを気にしちゃうと自分が書きたい記事が書けなくなってしまうかもしれません。

「この画像大丈夫かな?」

「アフィリエイトのリンクは念のため外しておくか。」

などなど、考えるときりがない。

どうしても気になるなら、Google AdSenseの広告を配信しているブログやサイトを見てみるといいです。こんな画像(芸能人の顔写真)やアフィリエイトリンクとか貼りまくりですよ 笑

 

なので、ブログや記事のコンテンツはポリシー違反でなければ放置して、文字数が足りないと思うものは少し付け足して、後は記事を量産する。

 

受かるまでコレをすればいいだけです。

取りあえず、今すぐ申し込んで記事を書きながら待って、落ちたら上の3つを確認してまた申し込むと受かるはず…

 

こちらは審査に受かるために記事を書いているのではないので、落ちたらまた受ければいいやというくらいの余裕感は必要です。

アドバイスになっているかは分かりませんが、あくまでコツなんでね(;^ω^)

 

では、頑張って下さい‼

 

待ってる間にこういうのを読んでおくのもいいですね。僕も受かったときにすぐに行動ができるように読んでいました。おかげで審査後はスムーズにいきました。