PyontaX

ぴょん。大学生ブロガーです。更新頻度は不定期ですが、Twitterは毎日浮上する予定です。

XPERIA Z5 SOV32のAndroidスマホのスペックや使用感想をレビュー

スポンサーリンク

f:id:PyontaX:20180328201216j:plain

人生初のAndoroid端末はSONYのXPERIA Z5 SOV32となりました‼

中古で安く手に入れることができたので、これを機にメイン端末としてしばらく使ってみました。

auの端末で、2015年冬モデルです。auのXPERIAは春と冬の年2回の発売なので5世代前のものとなります。でも、全然使うことができました。

初のAndroid端末を使ってみてのレビューを書いていきたいと思います。

XPERIA Z5 SOV32のスペック

f:id:PyontaX:20180324154336j:plain

メーカー SONY
OS Andoroid7.0対応
サイズ(高さ×幅×厚さ) 約146mm×約72mm×約7.3mm
質量 約154g
CPU MSM8994/2.0GHz×4コア+1.5GHz×4コア
ディスプレイ 約5.2インチトリルミナスディスプレイ for mobile/LCD(Full HD)
バッテリー 2900mAh

充電時間

約130分〔共通ACアダプタ05(別売)使用時〕
最大通信速度 受信225Mbps/送信25Mbps
メモリ

内蔵:(ROM/RAM)

外部:microSD/microSDHC/microSDXC(最大200GB)

カメラ

メイン:約2300万画素

サブ(フロント):約510万画素

撮影サイズ

静止画:メイン 5520×4140 フロント 2592×1944

動画:メイン 3840×2160(4K)フロント 1920×1080

カラー ピンク、ホワイト、グラファイトブラック、ゴールド、グリーン

他の注目機能は、

✔防水、防塵

✔おサイフケータイ

✔フルセグ、ワンセグ

✔microSDカードに対応

✔ウィジェットの設定

✔NFC

といったところです。

iPhone利用者はテレビが見れるというのは結構うらやましいですね(僕もそうでした)

また、SDカードで容量を増やすことができるのもAndroidの強みです。

 

いよいよXPERIA Z5 SOV32を実際にに見ていきたいと思います。

 

外見

僕はあまり外見はそんなに気にするタイプではないんですが、一応書いておきます。

 

表面

f:id:PyontaX:20180324155833j:plain

四隅が角ばっているのがiPhone使用者からすると違和感があります。別に悪くはないんですけどね。

 

フィルムはガラスフィルムに張り替えました。

ガラスザムライというフィルムなんですが、強度があって、気泡が入らずにフィルムを張ることができます。さらに、安いので文句なし

 

裏面

f:id:PyontaX:20180324154544j:plain

裏側には、iPhoneのリンゴマークの変わりにXperiaではSONYと書かれています。

素材はサラサラしているので、ケースに入れておかないと手から滑り落ちる。そんぐらいさらさら。

iPhoneと比べて指紋はつきにくい。

 

f:id:PyontaX:20180324155346j:plain

メインカメラはでっぱっていないで、ちゃんとおさまってくれています。

iPhoneの方はなぜかでっぱていますからね。

 

サイドボタン

f:id:PyontaX:20180324154717j:plain

全面右側のサイドには電源ボタン、音量ボタン、カメラボタンがあります。

カメラ専用のボタンがあるのはさすがSONYといったところでしょうか。

どの画面からもカメラボタンを押すとすぐにカメラがとることができるので便利です。ロックしていても起動できるし、わざわざカメラのアプリを立ち上げる必要はないので活用しています。

 

f:id:PyontaX:20180328010957j:plain

 全面左側はsimカードとmicroSDカードの挿入口です。

XPERIAの場合はピンを使わずに手で簡単にsimカードの出し入れがすることができます。

 

f:id:PyontaX:20180324155218j:plain

残りは下にmicroUSB接続端子(充電ポート)、ストラップホール、上にイヤホンジャックがあります。

 

 iPhoneとの比較

f:id:PyontaX:20180324143142j:plain

左から、iPhone6,XPERIA,iPhone5s

XPERIAは結構でかいですね

全面ディスプレイではありませんが大きいのは大きいです。親指で端をタップするのもギリギリです。

 

重さの方は、普通のiPhone7は約143gに対してXPERIAの方は約163gでそこまで変わりません。持った感じではiPhoneの方が軽く感じますが、別に気になりはしないです。

 

f:id:PyontaX:20180328011008j:plain

SDカードとsimカードを入れて起動‼(もう起動していますが)

 

f:id:PyontaX:20180328011524j:plain

見た目はこんな感じ

下のホームボタンみたいなところはソフトキーというのですが、ここは液晶に映っているのでロックすると消えます。

 

カメラ

標準カメラしか使っていないですが、十分です。むしろカメラアプリは使わなほうがいい。

画質に関しては2300万画素あるので文句なしです。

解像度やアスペクト比を変更することもできます。

僕は、プレミアムおまかせオートの23MP(4:3)で撮影しています。

 

f:id:PyontaX:20180328180225j:plain

f:id:PyontaX:20180328180843j:plain

 なかなか綺麗に撮れていると思うのですが。アップロードすると画質が低下するし、スマホだと画面が小さいので分かりにくいかもしれないです。

カメラマンではないので、携帯で撮る写真としては十分すぎる完成度です。個人的には風景や遠くの写真を撮るのに向いている気がします。撮った写真をノートPCで確認するとかなりいい感じの写真になっています。

 

マニュアルモードもあるので使いこなすとなかなか良い写真が撮れそうです。

ブロガーとしては、カメラアプリを使いこなして写真撮影の腕を上げたいところ。

 

XPERIA Z5 SOV32の使用感想

数か月ほど使ってみて、良いところ・悪いところを挙げてみます。

 

良いところ

テレビを見ることができる

これはiPhoneとの大きな違いです。標準でテレビのアプリがあって、なんの設定もなくすぐに見ることができます。

テレビアンテナケーブル(新品では付属している)を接続すると快適にテレビを見ることができる。また、録画や視聴予約などもできる。

しかし、NHK受信料がかかるのが難点。

 

microSDカードに対応

これもiPhoneとの大きな違いですね。

本体の容量が少なかったり、なくなったりしてもSDカードで補うことができるので容量不足に関しては心配しなくても済みます。

写真や動画、ダウンロードしたものは本体に保存、SDカードに保存するかを選択できます。

 

ファイル管理しやすい

Xperiaをパソコンにつなぐだけで本体、SDカードの両方のファイルに簡単にアクセスすることができる。もうね、これ最高 涙

最近は、Dropboxみたいなオンラインクラウドサービスがありますが、iPhoneではできないことです。自炊した本を入れるときに直接ファイルに入れることができるのはめっちゃ楽です。

さらに音楽を入嬉しい。PCから音楽を入れるときには一旦iTunesにいれないといけないが、Androidの場合はファイルに突っ込むだけ。あら、便利。

 

カメラのシャッター音を消すことができる

これはアプリを使うのですが、標準のカメラのシャッター音を消すことができる‼

スクショはもちろん普通のメインカメラの方でもシャッター音を消すことができます。

iPhoneではスクショは消すことができますが、メインカメラの方では普通は消すことができません。

 

戻るボタン

1つ前のページやアプリに戻ることって意外とあるので地味に便利です。

特に、YouTubeで1つ前の動画に戻るときはそのありがたさがわかるよ。

 

マルチウィンドウ

画面を分割して、2つアプリを同時に使うことができるマルチウィンドウという機能があります。iPhoneではできませんが、iPadではできます。

 

ピクチャー・イン・ピクチャー

これはアプリの上に別のアプリを起動することができる機能です。上に乗せれるアプリは「スモールアプリ」というものでミュージックや写真、YouTubeなどがあります。

これもiPadではできます。

 

ウィジェット機能がある

例えば、時計、ミュージック、auのデータデータ利用料、楽天カードの利用料金などが設置することができます。

 

おサイフケータイ

iPhoneのApplePayみたいなところです。ApplePayではモバイルSuica、iD、QUICPayしか対応していませんが、Androidの方は他にもnanacoやWAON、楽天Edyなどの電子マネーに対応しています。

 

NFC

iPhoneの人は聞きなれないと思いますが、電子マネーのSuicaやnanacoカードなどの残高を見ることができます。

 

悪いとこ

充電の持ちが悪い

これは、Androidの大きな欠点です。昔ほどではありませんが、充電の減りはiPhone比べると速いです。特に、動画を見たり位置情報をオンにしていたりしているとさらに減りが速い。

僕は、STAMINAモードにして操作全般の動作を弱く制限していますが、それでもiPhoneの方が電池の持ちは良いです。

 

全体的に使いにくい

これは良くも悪くも使いにくいです。細かく設定できるところはいいんですが、そこまで求めていなかったり、その機能よりもこの機能の方が欲しいと思うことが多々ある。

 

バックアップがめんどくさい

これも上と同じですが、バックアップやデータ移行はやりにくく感じます。

iPhoneの場合はiCloudやiTunesで一発ですが、Androidの場合は色々めんどくさいです。

 

良いアプリが少ない

これは致命的。

iPhoneのアプリって結構実用的で長いこと使えるものが多かったり、神アプリがたくさんあったりします。しかし、Androidのアプリは微妙。なんかね、惜しい!

中には良い機能とかもあったりするのですが、満足するところまではいかない。機能やUI、デザイン、使いやすさ、機能のどれをとってもiPhoneの圧勝。

これは、あくまでも全体的な話で、個別でみると素晴らしいアプリもあるのはある。

 

アプリに通知バッジが付かない

これはiPhoneを使っていると違和感があります。標準アプリには通知バッジが付くのですが、Playストアから自分でインストールしたアップリにはバッジは付きません。例えば、Gmailやメルカリなどです。

通知バッジが付かない代わりにステータスバーに通知があるアプリのいアイコンが表示されます。人によってはその方がいいかもしれないが、結局上から下にスワイプしないとアプリを開くことができないので、それならiPhoneの通知センターと変わりません。

 

日付の確認がしにくい

iPhoneではカレンダーアプリを1ページ目に置いておけばすぐに日付を確認できるが、Androidではでっかいウィジェットを設置しなといけない。そんなでかいものを貴重な1ページ目に当然置けるわけない。

 

これは意外に重要です。

iPhoneのカレンダーアプリは時々何のアプリか分からなくなるくらいですから(笑)

カレンダーってどこやと思って検索してみると、あっ!これかみたいな

 

カメラのシャッタースピードが遅い

最新のXperiaではシャッタースピードの変更はできるようですが、僕のモデルはできないようです。撮影ボタンを押してから少しラグがあるのでたまに撮り逃す。

 

はてなブログ書きにくい

iPhoneならまだ書けたけど、XPERIAでは無理。

書くとこ狭すぎて書きづらすぎる。なぜかキーボードが半分も占領している。

 

まとめ

実はこのブログでも途中から写真はXperiaで撮っているんですよー

違いが分かる人はいるのでしょうか…

写真の見た目ではそんなに違いが分からないと思います。逆に、iPhoneは画素であの完成度はかなりすごいんじゃないかなと思っています。

また、何か変更点や追加情報があれば更新します。